ジェリーネイルが剥がれるのはどうして?

ジェリーネイルが剥がれるのはどうして?

ジェリーネイルが剥がれるのはどうして?原因と対策

ジェリーネイルをやってみたけど、すぐに剥がれる・・なんてことありませんか?

せっかくきれいに塗ったジェリーネイルなのに、すぐに剥がれるのでは、がっかりですよね。

剥がれにくいと評判のジェリーネイルなのに、それでもすぐ剥がれるのはどうしてでしょうか、そんな悩みの原因をしらべました。

ジェリーネイルを剥がれにくくするには?

ジェリーネイルがすぐに剥がれる原因に、きちんと塗れていないことが考えられます。剥がれにくいジェリーネイルでも、きちんと塗れていないと剥がれてしまいやすくなります。

でも安心してください。以下のポイントを守るだけでモチがたいぶ変わってきますよ!

ジェリーネイルを剥がれにくくるすポイント!

剥がれにくくるすポイントを解説!

まず、ベースジェルを塗る前に、自爪を綺麗に洗って、エタノールかアルコールで水分や余分な油分を落としておきましょう。

爪に余分な水分や油分が残っていると、剥がれる原因となってしまうからです。

また、最初に塗るベースジェルを塗りすぎても、剥がれやすくなる原因になります。

爪を綺麗にしたのに剥がれてしまった、という人は、ベースジェルの量を少なめにして塗ってみてください。

ベースジェルの硬化がしっかりできていないときも、剥がれやすくなります。

ベースジェルの硬化は、しっかりとするようにしましょう。

他にも、ジェルが爪からはみ出ていると、そこからジェルが浮いて剥がれてしまうこともあります。

ジェルネイルブラシを使用して、爪からはみ出ないようにきちんと塗って下さい。爪からはみ出てしまったジェリーネイルは、綿棒などをつかって、ていねいに拭うようにします。

また、塗る前に甘皮の処理をきちんとしていないことも、剥がれる原因となります。爪の形も綺麗に整えて、ジェルを塗るときは爪の先にも塗って、きちんと硬化させるようにしましょう。

はみ出したまま硬化させてしまったジェルも、そのままにしておくと剥がれる原因となります。

やすりで削って、きちんと処理するようにしましょう。

きちんと塗っているのに、なぜか時間がたたないうちに剥がれてしまうこともあります。

水仕事や指先をよく使う仕事をする人は、ジェリーネイルが剥がれやすくなってしまいます。

水仕事や指先を使って仕事をするときは、ゴム手袋をつけて行うなど、爪を保護するようにしましょう。

ジェリーネイルは、きちんと塗ればとても剥がれにくいジェルネイルです。

剥がれてしまうのは、原因があるはず。

ジェリーネイルを塗る時には、きちんとていねいに塗っておくこと、ネイルが剥がれそうな作業をするときは手袋などで指先を保護すること、この2つが、ジェリーネイルをはがれにくくするコツです。

ページの先頭へ